【2020年発売へ】ダイハツ・タフト(TAFT)東京オートサロンに 内装画像も

2019.12.23

サマリー

ダイハツが、2020年半ばに発売する、新型車を予告。軽クロスオーバー・コンセプト「TAFT」として、東京オートサロン、大阪オートメッセに登場。

もくじ

大阪オートメッセにも展示
インテリアは?

大阪オートメッセにも展示

ダイハツは、東京オートサロン2020に、軽クロスオーバーのコンセプトモデルを出展すると発表した。

「TAFT(タフト)コンセプト」というモデルで、世界初公開となる。その外観と内装の画像が届いたのでご紹介しよう。

ダイハツTAFT(タフト)コンセプトの外観
ダイハツTAFT(タフト)コンセプトの外観

タフト・コンセプトは、「Tough&Almighty Fun Tool(TAFT)」をコンセプトに、2020年半ばの日本発売に向けて開発を進めている軽クロスオーバーだ。

日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚のコンセプト・モデルという位置づけで、開放感のあるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを採用する。

インテリアは?

公開されたインテリア画像は、陽射しが差し込むガラスルーフによって、広々とした明るい室内空間が印象的。

ダッシュボードの中央には、フローティング・タイプの大画面インフォテインメント・スクリーンを確認できる。画面にさまざまな項目が映し出されていることから、各種設定はこの画面で行うようだ。

ダイハツTAFT(タフト)コンセプトの内装
ダイハツTAFT(タフト)コンセプトの内装

その代わりに、センターコンソール周辺はハードボタンを少なくして、クリーンな見た目になっている。

また、力強い外観のイメージを引き継ぎ、エアコンの吹き出し口はスクエアな形状となっており、金色に縁取られている。

「東京オートサロン2020」の会期は、1月10日から1月12日まで。なお、2月14日から2月16日まで開催される「大阪オートメッセ2020」についても、ダイハツは同様の出展を行うとしている。

 
最新海外ニュース

人気記事