【パフォーマンスのフラッグシップ】新型フォードGT パワー増強/新機能 2020年発売 アメリカ

公開 : 2020.02.07 19:10

フォードが、サーキット専用GTマーク2にインスパイアを受け、パワーと新機能を備えたGTを今年発売します。また、特別バージョン、GTリキッドカーボンとガルフ・レーシング・ヘリテージも準備中のとのことです。

新GTスーパーカー

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

フォードは、今年発売予定の新型フォードGTに、パワーの増強、標準機能の追加、メカニックの微調整などのアップデートを加えることを明らかにした。

その内容は、昨年発売されたサーキット専用GTマーク2に、インスパイアされたものとなっている。

フォード GTリキッドカーボン
フォード GTリキッドカーボン

既存の3.5LツインターボV6エンジンに、高エネルギー点火コイルと、高温での性能を向上させる新しいタイプの「ギャラリークールド」ピストンの追加により、656psから669psへ出力をアップさせることに成功している。

リア部分には、空気の流れを50%アップさせる新しいバットレス・シェイプが採用されており、大型のインタークーラーは、負荷がかかった状態でのターボチャージャーの動作の安定性を高める。

サスペンションも、サーキットモードに調整され、ボディコントロールが強化されている。

これまではオプションだった、スロベニアのメーカー、アクラポビッチ製のチタン・エグゾーストシステムが標準装備となっている。

GTの独特なエンジンノイズを維持しながら、標準ユニットと比較して約4kgの軽量化を実現する。

新しい特別バージョンの導入

フォードはまた、フェラーリ488のライバルとなる、新しい特別バージョンの導入を発表している。

GTリキッドカーボンは、クリアコートで覆われた、カーボンファイバー製のボディパネルを採用しており、カーボンファイバーのテクスチャーを外から見ることができる。

フォード ガルフ・レーシング・ヘリテージ
フォード ガルフ・レーシング・ヘリテージ

カーボンファイバー・ホイールセットが標準装備されている。

オプションには、チタン製ホイールボルト、6ポイント・レーシングシートベルト、レーシング・ストライプが含まれる。

また、1968年と1969年にルマンで優勝したオリジナルのGT40が、今年、オレンジ、ブルーと、新しいデバイディング・ラインをまとった、ガルフ・レーシング・ヘリテージとして蘇る。

レーシングスタイルのナンバーも9から6に変えられている。

アップグレードされたGTは、現在アメリカでオーダーが可能だが、フォードの広報担当者は、イギリスへの導入の計画はないと述べている。

このモデルのグローバル生産は、2022年に終了予定となっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事