国内ニュース

2018.03.12

ヤナセ、プロゴルファー宮里優作のサポート継続 メルセデスGLE贈呈

編集部より

ヤナセは、2018年シーズンも、国内外で活躍するプロゴルファーの宮里優作をサポートします。また、2017年の賞金王に輝いたことから、メルセデス・ベンツGLE 350d 4MATICも贈呈されました。「移動の時間も試合の一部」だと宮里選手は語ります。

ヤナセ 2018年も宮里優作をサポート

ヤナセは、今シーズンも、国内外で活躍するプロゴルファーの宮里優作をサポートする。

「当社は、2014年3月のスポンサー契約締結以来、礼儀正しさに代表される宮里選手のスポーツマンシップに加え、トーナメントにおける粘り強さ、あきらめずに挑戦し続けるタフさなど、宮里選手のプロフェッショナルな姿勢を評価し、活動を支援してきました」とコメント。

宮里選手は、今シーズンもYANASEロゴをキャップに付けてツアーに参戦。ヤナセも宮里選手の名前および肖像を使った広告/プロモーション活動の権利を継続保有する。

また全国に展開するヤナセネットワークを通じて、メルセデス・ベンツなど取り扱い車をツアー参戦時の移動車両として宮里選手に貸与し、活動全般をサポートする。

さらに、2017シーズンの賞金王獲得をお祝いして、メルセデス・ベンツGLE 350d 4MATICの贈呈した。

なぜ宮里選手はGLEを選んだ?

かつて宮里選手は、MLに乗っていたこともあったという。メルセデス・ベンツそのものに若いときから憧れがあり、頻繁におこなう長距離運転でも疲れづらいことからSUVを選んだという。

「移動の時間も試合の一部だと思っています。クルマも結果に影響を及ぼしているといってもいいでしょう」と宮里選手。

2018年は拠点を海外に移す。「50〜60代でもタフなチャレンジができるように、ヨーロッパで修行したい」と語った。

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ