1700psのライオンズLM2ストリームライナーをニューヨークで発表

公開 : 2015.03.26 22:10  更新 : 2017.06.01 02:10

アメリカのライオンズ・モーターは、ニューヨーク・モーターショーで1700psのエンジンを搭載したLM2ストリームライナーを公開するという。

このLM2ストリームライナーに搭載されるパワーユニットは、8.2ℓのツインターボV8で、トップスピードは467km/hに達するとアナウンスされる。更に、0-100km/h加速は2.2秒、0-160km/h加速は4.12秒、そして0-320km/h加速は11.85秒というケタ違いのパフォーマンスが公表されている。

トルクも222.6kg-mと途方も無い数値で、7速のシーケンシャル・トランスミッションを備え、駆動方式は4WDである。

このパフォーマンスの数値からして、ケーニグゼグがライバルとなると目される。

ライオンズ・モーターは、70年ぶりのニューヨークを拠点とするメーカーで、ストリームライナーについてはヨーロッパやアジアからの顧客獲得を目指している。

また、ストリームライナーは性能だけでなく、その美しい流麗なボディが特徴だという。

創始者であり会社の責任者でもるケビン・ライオンズは、このストリームライナーと同時に、4WDの電気モーターによるスーパースポーツも開発中であるとコメントしている。

 

人気記事