アウディ・プロローグ・オールロードの発表は上海か

公開 : 2015.04.09 22:20  更新 : 2017.06.01 02:10

アウディが3度目のプロローグ・コンセプトを公開するのは、今月末に開催される上海モーターショーになるのではないかという情報が舞い込んできた。

プロローグ・オールロードは、昨年11月のロサンゼルス・モーターショーで公開された2ドアのプロローグ・クーペや、今年3月のジュネーブ・モーターショーで公開されたプロローグ・アバントのデザインを取り入れたモデルで、来る2018年に発表予定の8代目A6オールロードのベースとなる可能性がたかい。

デザインを担当したのは、インゴルシュタットにあるデザイン・スタジオ所属のマーク・リヒトで、最低地上高を嵩上げし、さらにプロテクション・プレートやフェンダー・アーチモール、アルミ製ルーフバーを組み合わせるなど、従来のオールロードらしい出で立ちになる予定のようだ。

またインサイダーによると、内装はこれまで公開されたモデルよりもさらに豪華になるとのこと。

上海モーターショーでは、ガソリン-電気プラグイン・ハイブリッド版の2代目Q7も公開予定。新しいハイブリッド・モデルは2016年までに販売が始まる見通しだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事