静岡にフェラーリ正規サービスセンター AUTO SPECIALEがオープン

2015.08.28

首都圏と東海エリアの間に位置する静岡に、フェラーリ正規アフターセールス・サービスセンター「AUTO SPECIALE」が8月27日にオープンした。これまで静岡エリアのフェラーリ・オーナーは、整備の際は首都圏か名古屋のサービス拠点まで持ち込む必要があったが、これからは地元でメンテナンスを行えることになった。

AUTO SPECIALE/オートスペチアーレは、フェラーリ・ジャパンの新たな正規サービスセンターとしてオープンしたもので、フェラーリの総合的な整備と修理を行う。サービス・ファクトリーは230m2が確保され、4台分のワークベイと、2基の専用リフト、サービス・レセプションを備え、あらゆる整備に対応する。また3名の研修を重ねたテクニシャン(メカニック)が専任で整備を担当する。

サービス・ファクトリーのほか、200m2のゆったりとしたショールームでは、厳選されたフェラーリ認定中古車が常時4〜5台が用意される。ショールームの横にはオーナー用のラウンジが設けられ、フェラーリに関する書籍やビデオを楽しむことができる。

オープニングに際してフェラーリ・ジャパン 代表取締役社長リノ・デパオリ氏も駆けつけ、開業を祝した記念品がオートスペチアーレを運営する株式会社エー・エル・シー 会長の平田良彦氏に贈られた。

オープニング・セレモニーでリノ・デパオリ氏は「静岡初の正規サービス/アフターセールス拠点を株式会社エー・エル・シーとの新しいパートナーシップを発表できとても嬉しく思います。フェラーリにとって静岡という東京と名古屋の中間地点という重要拠点において、強いディストリビューションとサービス・ネットワークを展開することは非常に重要です。静岡のお客様に最高のサービスをご提供できるものと確信しています」とコメントした。

株式会社エー・エル・シー代表取締役 森田邦裕氏は「1988年に創業以来念願でしたフェラーリの跳ね馬のエンブレムを静岡県に掲げることができ非常に光栄なことと社員一同襟を正しています。
特別なブランドの特別なクルマを、特別な場所で特別な時間を提供して行くための思いを込め、店舗名にはイタリア語で特別を意味するSPECIALE/スペチアーレという名前を冠しました。オートスペチアーレの名に恥じぬように、社員一同ここを訪れるすべてのお客様にスペチアーレな関係を提供することをお約束したいと思います」と抱負を語った。

続いて平田良彦氏とリノ・デパオリ氏、そして森田邦裕氏によりオープニングのテープカットが行われ、オートスペチアーレは新たな歴史を刻み始めた。

AUTO SPECIALEのロケーションは、東名高速の静岡インターチェンジと清水インターチェンジの中間となる国道1号線沿いに位置する。徒歩の場合でもJR草薙駅が最寄り駅となりアクセス性に優れる。静岡のフェラーリ・オーナーにとっては、うれしい正規サービス拠点の開業だ。

店舗住所:静岡県静岡市清水区長崎新田120
電話番号:054-347-0012
営業時間:10:00〜19:00
定休日 :火曜日


関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

フェラーリの人気画像