アウディR8 vs マクラーレン570S vs 911ターボS vs アストンV12 S

公開 : 2015.12.12 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

思いっきりアクセルを踏みこめば、1トンにつき424psの大出力がもたらされていることがすぐにわかる。ターボSより21%も強力なのだ。

ブレーキ・フィールは改善してほしい(というよりも改善すべきだ)が、その他の点は、誰がなんといおうとスーパーカー。911ターボSの金額にちょっと足すだけで買える、アルティメットカーである。

水曜日 3.34am : A470経由でPen-y-Fanへ

ひと仕事し終え、ウェールズのモータリストのあいだでは有名な道で一休み。熱々になったエンジンに冷たい風を当ててやる。ニック・カケットが最終的な順位を聞いてくる。

最下位はアウディR8だ。運転の楽しさや優れたダイナミクス、そして使い勝手の良さを期待していた人が多いだけに、思うようにいかないことが多かった。パワートレインは素晴らしいのだが、4WDのシャシーはハンドリングの旨味を損なっている。今回のように、雨に濡れた峠道ではそう感じざるを得なかった。

アストン マーティンV12 Sは、荒削りだが、どうにも惹きこまれてしまう魅力がある。ピュアな一面と、極めて豪奢な一面の混ぜあわせ方は、アストンにしか成せない。複雑な機械を組み合わせたライバルをシンプルかつ濃厚な味わいで黙らせる。最先端とは到底いえないが、思わず警戒心を解いてしまう男らしさがある。

残るはポルシェ911ターボSとマクラーレン570Sの2台。どちらも勝者とするに値する。

ポルシェ911ターボSは、この手の世界の大ベテランといえる。田舎道で、このクルマと同じくらいなめらかでどっしりとしながら、精密な空気感を漂わせるものはないだろう。特にコンディションの悪いテストにて、底力を遺憾なく発揮した。改めて驚かされた。

一方の570Sは、オリジナルの911ターボが40年前に成し遂げようとしたことを、あっという間にやってのけた。オリジナルのR8は8年前に産声をあげたのだが、完璧の域に達するまでにまだ時間がかかりそうだというのに。

911ターボSよりもわずかに高価だが、ターボSより軽いし、鋭いし、速いし、楽しい。ターボ・エンジンなのにエキゾチックでもある。

一歩前に歩み出て、お辞儀をしよう。英国最新の、そして最高の荒くれ者である、マクラーレン570Sに。

(マット・ソーンダース)

マクラーレン570S

価格 £143,250(2,646万円)
最高速度 328km/h
0-100km/h加速 3.2秒
燃費 9.0km/ℓ
CO2排出量 258g/km
乾燥重量 1244kg
エンジン V型8気筒3799ccツイン・ターボ
最高出力 570ps/7500rpm
最大トルク 61.1kg-m/5000-6500rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ

ポルシェ911ターボS

価格 £142,120(2,628万円)
最高速度 319km/h
0-100km/h加速 3.1秒
燃費 10.3km/ℓ
CO2排出量 227g/km
乾燥重量 1605kg
エンジン 水平対向8気筒3800ccツイン・ターボ
最高出力 560ps/6500-6750rpm
最大トルク 76.5kg-m/2200-4000rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ

アストン マーティンV12ヴァンテージS

価格 £138,000(2.552万円)
最高速度 330km/h
0-100km/h加速 3.9秒
燃費 6.8km/ℓ
CO2排出量 343g/km
乾燥重量 1665kg
エンジン V型12気筒5935cc
最高出力 573ps/6750rpm
最大トルク 63.2kg-m/5750rpm
ギアボックス 7速オートメイテッド・マニュアル

アウディR8 V10プラス

価格 £134,500(2,487万円)
最高速度 330km/h
0-100km/h加速 3.2秒
燃費 8.1km/ℓ
CO2排出量 287g/km
乾燥重量 1555kg
エンジン V型10気筒5204cc
最高出力 610ps/8250rpm
最大トルク 57.1kg-m/6500rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ


▶ 海外初試乗 / マクラーレン570Sクーペ
▶ カーレビュー / ポルシェ911ターボS
▶ 海外初試乗 / アストン マーティンV12ヴァンテージS
▶ 海外初試乗 / アウディR8 V10プラス

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×