ポルシェ・トラベルクラブ・ジャパンツアー2016を発売

2016.02.29

ポルシェ ジャパンは、ポルシェ・トラベルクラブと協力したポルシェ・トラベルクラブ・ジャパンツアー2016を、JTBコーポレートセールスより発売した。

ポルシェ・トラベルクラブは、会員制度の無いクラブとして、ドイツをはじめとするヨーロッパを中心に、特別なルートをポルシェのモデルでドライビングするプログラムだ。

今年20周年を迎えた同クラブが、日本のポルシェファンを対象として、企画及び実施するツアーが、ポルシェ・トラベルクラブ・ジャパンツアー2016である。

日本を発着地とし、シュトゥットガルトとドイツ・アルペン街道ツアーおよびライプツィヒと東部ドイツツアーを実施する。

初夏6月に行う「シュトゥットガルトとドイツ・アルペン街道ツアー」は、ポルシェ本社のあるシュトゥットガルトを訪ね、ツッフェンハウゼン本社工場とポルシェミュージアムを見学。その翌日からはアウトバーンやドイツ・アルペン街道を最新の911などでドライビングする。滞在は2015年G7サミット会場となった5つ星ホテル、シュロス エルマウだ。

10月に実施する「ライプツィヒと東部ドイツツアー」では、ポルシェの第二の故郷ライプツィヒに滞在し、ポルシェライプツィヒの工場見学とオンロードサーキット並びにオフロードトラックでのドライブを体験する。さらに、東部ドイツの古都ドレスデンまでのポルシェ・ドライビングツアーや、ベルリン滞在も組み込まれており、ポルシェの世界とドイツを満喫できる企画。

ツアーは、出発から帰国まで添乗員が全行程同行する他、ポルシェ社の工場やポルシェミュージアム見学の際には専任のガイドと日本語通訳が案内する。

ポルシェでのドライビングは、専任ツアーガイドの下、現地に用意される最新の911をはじめとするポルシェ車を運転できる。

シュトゥットガルトとドイツ・アルペン街道ツアーは、6月6日~6月12日の5泊7日で、東京(羽田)発着。旅行代金は1,416,000円。申込み期間は、3月1日~4月5日。

ライプツィヒと東部ドイツツアーは、10月18日~10月23日の4泊6日で、東京(羽田)発着。旅行代金は1,066,000円。申込み期間は6月1日~8月1日。

価格はいずれも、一人分/2名1室利用時のもの。別途燃油サーチャージ、海外空港諸税、日本の空港使用料が必要となる。詳細は下記URLで確認できる。

ポルシェ・トラベルクラブ・ジャパン情報サイト:
http://www.porsche.co.jp/ptc/

関連テーマ