ルノー・クリオ・カップ・レーサー

公開 : 2012.10.18 11:36  更新 : 2017.06.01 01:04

ルノーは第4世代のクリオのカップ・レーサーを発表した。

このカップ・レーサーは、2013年のクリオ・ユーロカップのためのマシンだ。英国ではこの新しいカップ・レーサーは2014年シーズンからとなる。

テストはこの8月から始まっており、ルノースポーツの手によってフランス国内のサーキットで3500km走行している。パワーは220bhp、トルクは27.5kg-mで、多くのサーキットでラップタイムは前カップ・レーサーよりも1秒以上速くなるとルノーはコメントしている。

エンジンは以前の2.0リッター自然吸気から、1.6リッター・ターボに変更されている。ギアボックスは6速で、オプションとしてパドル・シフトも選ぶことができる。

リア・スポイラーも専用で、200km/hで40kgのダウンフォースを生み出すという。その他、ルーフ・スコープ、17インチのスピードライン・コルセ・アロイホイール、Φ320のAP製ブレーキ、アジャスタブル・ダンパー、フル・ロールケージ、レース専用シートなども装備される。

第3世代のカップ・レーサーは、700台以上が販売されたが、多くのチームがこの新型にマシン・チェンジすると思われる。価格はVATをプラスして37,800ユーロ(392万円)だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事