ダイハツ・キャストを一部改良し発売

2016.06.20

ダイハツは、軽乗用車のキャストを一部改良し、さらに特別仕様車を設定して発売した。

今回の一部改良では、多彩な内外装カラーバリエーションを拡充したもの。

スタイルでは、デザインフィルム・トップのカラーに、東京モーターショーの参考出品車を思い起こさせるヘアライン調/シルバーを新設定。またカーボン調/ワインレッドも選択可能として、2トーンカラーの選択肢を従来の1色から3色に拡大。インテリア・アクセントカラーに、従来色に加えピンク、ネイビー、ブラック、ホワイトの4色を追加し、外板色との相性が良いインテリアカラーを選択可能にした。

アクティバでは、デザインフィルム・トップのカラーにカーボン調/ブラックを新たに設定し2トーンカラーの選択肢を2色とし、インテリア・アクセントカラーに4色を追加したほか、外板色にブライトシルバーメタリックを追加している。

スポーツでは、デザインフィルム・トップ選択時にはレッドが標準設定となっているドアミラーとリア・クォーターピラーパネルのカラーをブラックに変更可能なメーカーオプションを新たに設定。

また、4WD車の最低地上高をアクティバは180mm、スタイルおよびスポーツは150mmとして、より走破性を向上。助手席シートヒーターを追加した。

このほか、アクティバ、スタイルには、レザー調シートで上質な質感を演出した特別仕様車、プライムコレクションを設定している。

価格はアクティバのプライムコレクションSAII(写真上)が、1,479,600円から1,711,800円。スタイルのプライムコレクションSAIIが、1,479,600円から1,706,400円。


▶国内初試乗 / ダイハツ・キャスト・アクティバ/スタイル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース