三菱XMコンセプトをインドネシア国際オートショーで発表

2016.08.04

三菱は、8月11日から21日までインドネシアで開催されるインドネシア国際オートショーで、スモール・サイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー、三菱XMコンセプトを発表する。

XMコンセプトは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、MPVとして乗員7名がゆったりくつろげる居住空間を確保。フロント・フェイスには、人とクルマを守る機能を表現したデザイン・コンセプトである “ダイナミックシールド” を採用している。また、安定感をアピールする大きく張り出した前後フェンダーや高めの地上高など、SUVらしいスタイリングも特徴のひとつ。三菱では、このコンセプトを採用したスモール・サイズのクロスオーバーMPVを、2017年より稼動する西ジャワ州ブカシ県になる新工場で10月より生産を開始する予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事