マクラーレンMP4-12C Can-Amデビュー

公開 : 2012.11.20 14:02  更新 : 2017.06.01 01:20

マクラーレンMP4-12Cのレース専用モデル、MP4-12C Can-Amがアメリカ・グランプリの直前に発表された。このMP4-12C Can-Amは、375,000ポンド(4,850万円)という価格で、30台が限定生産される。

このモデルは、MP4-12C GT3をベースに、リストリクターの付かない3.8リッター・ツインターボV8が搭載される。また、専用のエンジン・キャリブレーションと、リファインされたクーリング・システムを持つ。そのパワーは630bhpだ。

MP4-12C Can-Amは現行のレース・レギューレーションには、現状ではまだホモロゲートされていないという。また、このマシンによるワンメイク・レースの計画もないという。

大きなリア・ウイングは、ノーマルのMP4-12Cよりも30%増しのダウンフォースを与える。また、カーボンファイバー製のドラミラーとカバー、エンジン・カバー・ベント、サイド・ラジエーター・インテイク・フィン、サイド・シル・カバーがGT3との違いだ。また、ブラックのライトウエイト・アロイとピレリのレーシング・タイヤが組み合わせられる。

更に、FIA認可のロール・ケージと、6ポイントのフル・ハーネス、ステアリング・ホイールもGT3から流用される。

ちなみに購入者は、マクラーレンGTからの特別なサポートがされるという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×