スポーツ・クーペ決定戦:前編 ――ポルシェ・パナメーラ・ターボ vs BMW M6グランクーペ vs メルセデス-AMG S63クーペ

公開 : 2017.02.11 11:48  更新 : 2017.05.29 19:29

悩みに悩んだ2台の候補車 その理由

クーペスタイルの大型・高性能4/5ドアは市場に増殖を続けているが、どれもパナメーラほどのセールスを記録していない。論より証拠、それらを街であまり見かけないではないか。

一方、パナメーラ並みのパフォーマンスを誇るスーパー・サルーンは少なからず売れている。例えばメルセデス-AMGのE63あたりなら、車格はともかく、ダイナミクスでは負けていない。

そこで、販売中の高性能サルーンをリスト・アップしてみたが、それらは高級感ではずっと上回っても、性能面では力不足だ。ならば、ということで対象を拡げてみたところ、引っ掛かったのがやはりメルセデス-AMGのS63クーペだった。

2ドアのクーペだが、全長はパナメーラより5mmほど短いのみで、しっかり4人乗車が可能だ。エンジンは5.5ℓV8ツインターボで、585psを発生し、7速ATが組み合わされる。左ハンドル車には4WDが用意されるが、右ハンドル車はFRのみの設定。サスペンションはエア・スプリングを備え、コーナーでボディを内側へ傾けるなどのアクティブ制御を行う。価格は£127,675で、日本仕様は左ハンドルの4WDのみで2497.0万円だ。

もう1台はBMW M6グランクーペだが、これは市場の需要に応えてラインナップを多様化しなければならないということを証明するモデルだ。

もっとも、BMWはアウディと並んで、この手のラインナップ拡充では大家といってもいいメーカーではある。セダンを足がかりに、そのクーペ版やコンバーチブルを開発し、SUVへも積極的に参入。そして、4ドア・クーペも設定を拡大している。

あるいは需要に応えるというより、それを生んでいる側かもしれない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事