イヴォーク・コンバーチブルをオープンで雪上ドライブ!

公開 : 2017.02.14 05:50  更新 : 2017.05.29 19:18

  • 「SUV、オープンカー、雪景色」 こんな組み合わせが存在するなんて、誰が考えただろう。

「SUVのオープンカーでウインタードライブに挑戦」 寒さを吹っとばす “楽しさ” がそこにはあった。こんな遊び、ヒトには教えたくない。

2012年のジュネーブショーでランドローバーがイヴォークのオープンモデルを出展した時、我々は「コンセプトカーの域を出ない」と感じた。そんな我々はだから、実際にイヴォーク・コンバーチブルの発売がアナウンスされると「ランドローバーよ、血迷ったか?」と考えるに至ったわけだ。

ちなみにここでいう我々とは「クルマ感性の古いヒト」全般であり、もちろん私もその中に含まれる。イヴォーク・コンバーチブルのような異物に出くわした時、我々の脳内整理のしかたは昔から変わらない。歴史に照らし合わせるのだ。すると70年ほどの時を隔てた原初のランドローバーが2枚ドアのオープンだったことに気づいて「じゃあ、まぁ、いいか」と溜飲を下げるわけである。

今回はランドローバー社の伝統に則った、しかし実のところは前例のないオープンSUV、レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブルHSEダイナミックを雪上で試した。実際にはジャガー・ランドローバー・ジャパン主催の試乗会なので、イヴォーク以外のモデルは揃っていたのだが、ラインナップの中で最も異彩を放っていた1台は間違いなく屋根開きのイヴォークだった。果たして、SUVのオープンカーによるウインタードライブはアリなのだろうか?

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランドローバーの人気画像