アバルト595シリーズ、出力アップと内外装を変更、USB・Bluetoothにも対応

2017.02.18

FCAジャパンは、アバルト595の全ラインナップを刷新し、2月25日より発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、前後のバンパーをアグレッシブなデザインに変更。また、フロントバンパーのエア・インテークには、ワンメイクレース仕様車「ASSETTO CORSE」からインスピレーションを得た「ABARTH」の浮き文字をあしらいレーシーな雰囲気を強調した。

外観だけじゃない、USB、Bluetoothにも対応

ほかにも全グレード共通で、フロントライト周り(LEDデイランプ)、リアコンビランプ、センターコンソール周りを刷新している。

また、新たにグローブボックスとカップホルダーを追加したほか、5インチタッチパネルの新型ラジオ(Uconnect)を採用することで、USB、Bluetoothなど様々な外部入力に対応したのが嬉しい。

アバルト595は出力が145psにアップ

なお、これまでアバルト500だった名称を「アバルト595」に変更することで、全グレードの名称が「595」となり、フィアット500のラインナップとの差別化が明確になった。

そのアバルト595(写真:赤)では、最高出力がこれまでの135ps(MT)/140ps(AT)から145psに向上されたほか、シートをスポーティなデザインに変更している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×