マクラーレンにとってMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)はなぜ重要か アンサー・アリに聞く

公開 : 2017.04.01 11:35  更新 : 2017.06.24 19:22

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(以下、MSO)は、びっくりするようなペースで成長をつづけています。顧客の意見が(ほぼ)そのまま製品化されるこの部門。マクラーレンにとって重要なのはなぜでしょう?

MSOの急成長はアンサー・アリの存在が大きい?

MSOが急成長をつづけるのは、あるいは、英国のスポーツカー界におけるベテラン、アンサー・アリ(ケータハムの元CEOでもある)がマクラーレンに移籍したことも大きいのかもしれない。

アリは「僕と、マイク・フレウィット(マクラーレンのCEO)との共通の目標は、カスタマーとの距離をグッと近づけることです」と話す。

 

「距離を近づけようと思うと、パーソナリゼーションというキーワードが自然と浮かんできます。クルマをおのおのの好みに仕上げていく過程で、距離はおのずと近づきます。ここでMSOの出番なんですね」

「ケータハムとロータスで学んだことも同じ。とくにこういった、ある意味特殊な立ち位置のクルマを愛するひとたちは『所有欲が満たされた』というだけでは満足できないのです」

 

人気記事