ランボルギーニ、2017年上半期の販売台数4%増 新施設竣工で400名採用

公開 : 2017.07.24 18:10  更新 : 2017.07.24 18:14

ランボルギーニの「ここ最近」を、3つのポイントにまとめました。勢いに乗っていますね。ウルスの動向にも注目です。

2017年のランボルギーニ ポイント3つ

・世界新車販売台数 2017年上半期に2091台(前年同期比で4%増)
・「LEEDプラチナ認証」取得の新施設が竣工 生産施設拡張
・過去10年間で従業員が倍増 ウルスのために400名のスタッフ新採用

世界新車販売台数 前年同期比で4%増

アウトモビリ・ランボルギーニは、2017年上半期に世界新車販売台数をさらに伸ばした。合計2091台が販売され、2016年同期比で4%以上の増加となる。

「ウラカン」が市場に投入されて3年、2017年上半期の販売台数は1400台(+2%)に達した。今年の6月には、ウラカンはわずか3年で8000台の生産も達成した。

2017年1月から6月までに、カスタマーに販売された「アヴェンタドール」は691台(+7%)達した。今後、数週間内で達成する予定の生産台数7000台という数字が、この成功を強調している。

関連テーマ