ホットハッチ一本勝負 ルノー・クリオRS200カップ vs フォード・フィエスタST

公開 : 2017.09.03 16:10  更新 : 2021.03.05 21:35

ホットハッチは、クルマ好きにとって最高の存在です。毎日使える実用性を持っていながら、ワインディングでのドライブでは笑みがあふれます。とりわけ楽しい2台と峠越えをしましょう。

もくじ

スーパーカーを、おびやかす
クリオ200カップは戦いのクルマだ
フィエスタST ポルシェのような塊感

スーパーカーを、おびやかす

あれは2009年、秋の某日。ルノー・スポール・クリオ200カップはまだ新車だった。

アウディR8がわたしの運転するクリオの前を走っていた。ウェールズの広大な原野に広がる視界のよい舗装路で、R8は素早い動きで先行していった。

しかしわたしも負けていなかった。事実、そのルームミラーにはクリオが大きく写しだされていた。短い直線路でR8が少し引き離すが、コーナーに差し掛かると、クリオとの開きは一気になくなった。

スキルさえあれば、スーパーカーにプレッシャーを与えることだってできる。それを体感的に悟った瞬間であった。ちょっとの挑戦心も必要だけれど。

このような状況もあり、わたしのホットハッチへの評価はとても高い。さまざまな意味で、最高の車種だと実感する。エキサイティングなドライビングだけでなく、日常的に使用でき、価格も手頃。

とりわけクリオ・カップは、8年前と同様に今も十分弾けているはずだ。ターボエンジンとパドルシフト付きのATに置き換わったクルマよりは、恐らく。

しかし今乗ると、どうなのだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事