シトロエンC4カクタス新型 新ハイドロ搭載 エアバンプ小型化

2017.10.30

PHC どんな仕組み?


PHCは、従来ではホイールトラベルのトップ/ボトムに設置されていたラバーバンプストップにかわって、縮み側と伸び側に一対のセカンダリー・ハイドローリックダンパーを追加。

これらのダンパーが、極端な動きに対してクッションの役割を果たすので、路面から車体が切り離されたようなコンフォート志向のスプリング/ダンパーを設定することが可能になった。

エアバンプは小さく

見た目の違いは、なんといってもエアバンプである。その設置場所は、

変更前:ボディサイド
変更後:サイドシル

へと移設され、小型化したことによって、スタイリングが今まで以上に洗練させた。
 

 

人気記事