ミニ vs フィアット500 新車時の評価は? 比較試乗 前編

公開 : 2017.11.23 06:10

世界最高峰のファンカー

500のまわりをウロつくコドモとオトナ。このサイズではリアの足元が苦しいんじゃないかとかオプション装備代はいくらになるのかとかそういったモロモロを心配してるのかもしれないけど、僕に言わせればそんなのムダ。17進法の数の勘定ができないからという理由で3歳児をしかりつけるのと同じくらい無意味。

なぜって道具としての使用目的云々なんてことはこの2台に関してはどうでもいいことだから。それこそ世界のほかのいかなるクルマ──そのなかに貴公の持ってるヴェイロンやゾンダを含めてもいいですよ──にとってそうであるよりもどうでもいい。要はファンカーだから。この2台は。

54万9936。この数字は、これは新型500の細かい仕様が合計何通りの違ったなかから決められるかを示している。内装のちょっとしたシカケやカラーパネルなどのアレやコレやを付けるまたは付けないの順列組み合わせを計算するとそうなる。

したがって、アナタのとまったく同じ仕様のチンクが1台とはいえ存在することはまず滅多にないでしょう──というわけ。

このクルマの外観から見てとれるのは、出し惜しみのなさや心使いの細やかさだけではない。ほかにもそう、例えばモノへの愛とか。あるいは、本来ならモノじゃないナニモノかへ向けられてしかるべき種類の愛着とか。

後編につづく。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×