長期テスト アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ(1)

公開 : 2018.01.30 18:10  更新 : 2018.01.31 18:58

2.9ℓツインターボV6、そして内装

そしてお待ちかね、アルファ最新の2.9ℓツインターボV6エンジンがある。510psと61.2kg-mを発生し、QVを最高速度307km/h、0-100km/hは3.9秒で疾走させる。

シングルプレーンのクランクシャフトを持つにもかかわらず、このV6は羽根のように軽く滑らかに回る。イギリスではQVにMTの用意がないことをいささかも呪うことはないし、もしあったとしてもこのZF製8段ATの方を選んだだろう。長く指に心地よいステアリングコラム固定のアルミパドルでのシフトは格別の楽しみなのだ。

次は内装だ。

ブラックレザーとアルカンターラを組み合わせたシート地とカーボンファイバーのトリムの仕様は固定で、ダッシュボード下部やドアパネルとステッチの色は5種類から選べる。われわれのクルマは、黒の内装にフェンダーのクアドリフォリオ・バッジを反映させた緑と白のステッチが組み合わされている。

標準のフロントシートの代わりにスパルコのカーボンファイバーシェルを持つスポーツシート(2950ポンド=約45万円)が付き、レザーの標準ステアリングも一部にカーボンファイバープレートを配したレザー・アルカンターラ製(225ポンド=約3万5000円)に変わっている。

QVの強烈な性能をフルに活かすことができるカーボンセラミック・ブレーキ(5500ポンド=約84万円)も付いているし、ハーマン・カードンの14スピーカーオーディオ(950ポンド=約15万円)、リアダークティンテッドガラス(275ポンド=約42000円)、キーレスエントリーとアウタードアハンドル照明に室内収納ボックスをセットしたコンビニエンス・パック(425ポンド=約65000円)も追加されている。おかげでQVの本体価格6万1300ポンド(930万円)が7万3805ポンド(1120万円)まで膨れあがっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アルファ・ロメオ ジュリアの人気画像