長期テスト アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ(1)

公開 : 2018.01.30 18:10  更新 : 2018.01.31 18:58

ジュリアQV、試乗の第一印象は?

いざ乗ってみて、以前のレビューではこのクルマのものすごさを過小評価していたとわかった。真っ先に際立つのはそのハンドリングで、ダンパーを柔らかめにセットすると、乗り心地は驚くほど快適なのに前輪はフェラーリ並みに機敏に反応するのだ。

同時に、野性的なサウンドが無鉄砲なまでの性能によく似合っている。室内は概して魅力的でドライビングポジションにも文句の付けようがなく、一瞬で虜にならずにはいられない。

良いクルマなのはよくわかった。

でも信頼性に保証がないアルファの新型車に大枚6万1300ポンド(930万円)をはたいて良いのかと言うかもしれない。

もしQVが何か不安要素を見せたり何かのパーツがポロッと外れでもすれば調子が変わるかもしれないが、目下のところはドイツのありふれた指名手配車に並ぶ興味深い魅力的な選択肢がついに現れたことに興奮するしかない。

性格も、見た目も、加速や運動性だって、M3やC63が欲しくなる気持ちに待ったをかけるには十分だ。このアルファはどこを取っても別格だし、そこに賭けてみる価値がある。QVとの日々が退屈になろうはずがないのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アルファ・ロメオの人気画像

×