国内試乗

2017.11.17

国内試乗 ジュリア・クアドリフォリオ 対C63/M3 第3極登場

アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ

テスト日 : 2017年11月09日

価格 : 11,320,000円

文・川島茂夫 撮影・前田惠介 

[編集部より]

ジュリア・クアドリフォリオの国内試乗記です。ドイツ勢とどう戦うか? というより、あえて違う土俵を築くことをアルファ・ロメオは選びました。結果、熱く贔屓したくなる出来栄えのようです。

もくじ

どんなクルマ?
クアドリフォリオ あくまで控えめに
内装「愉しむ場」 価格がポイント

どんな感じ?
「ふつうに走らせられる」という美点
纏まりのよさを、どう見るかがキー

「買い」か?
C63/M3に対する「第3極」誕生

スペック
アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオのスペック

どんなクルマ?

クアドリフォリオ あくまで控えめに

2.9ℓのV6ツインターボは510psの最高出力を発生。ルーフ及びエンジンフードにはカーボンパネルを採用。乾燥重量におけるパワーウェイトレシオは3.0kg/psを下回る。2016年にはニュルブルクリンク北コースで4ドアセダン最速となる7分32秒を記録。

と綴ると、怪物マシンと身構えてしまうが、エアロパーツのテンコ盛りとかボンキュッボンの張り出しフェンダーでもなく、標準系と外観上の目立った差異はエンジンフードとフロントフェンダーのエアアウトレットくらい。

ぎらつくようなハイパフォーマンス誇示はなく、存外大人しい外観。穏やかな好青年なのに実は世界チャンピオン、みたいなクルマである。

内装も押しつけがましい機能感はない。

next page内装「愉しむ場」 価格がポイント

すべての画像をみる

 
最新初試乗