ピニンファリーナが描く「HK GT」 2ドアのEVコンセプト ジュネーブ・モーターショー

公開 : 2018.03.05 12:10

ピニンファリーナが、新たなコンセプトモデルをジュネーブで公開します。前席から後席まで達する跳ね上げ式のドアをもつEVコンセプトで、テスラP100Dのライバルと目されています。

長大なドア テスラより速い2ドアEVクーペ?

香港を拠点とするハイブリッド・キネティック・グループ(HKG)向けにピニンファリーナがデザインしたHK GTは、長大なドアが特徴的なクーペ・コンセプトである。

ジュネーブ・モーターショーに先駆けて公開された3枚のデザイン画が示すように、後席にまで達する2枚のドアがこのコンセプトモデルを特徴付けている。

HKGがもつ電動パワートレインの技術が用いられており、
・マイクロタービン式発電機によるレンジエクステンダー
・4シーターレイアウト
・跳ね上げ式の2ドア
というパッケージを採用している。


具体的なスペックは公表されていないが、昨年公開されたHKGのSUVコンセプトモデルであるK550とK750、サルーンモデルのH600にも同じ電動パワートレインが用いられ、航続可能距離999km、充放電回数5万回と発表されていた。

これに対して、よりスポーティな性格のGTでは、航続距離とパフォーマンスがトレードオフすると考えられている。
 

 

人気記事