ジープ 8台のコンセプトモデル一挙公開 イースター・サファリ

公開 : 2018.03.22 19:40

ジープが、8台のコンセプトモデルを公開しました。毎年何千人ものジープオーナーが集まる「イースター・ジープ・サファリ」に先駆けての公開。FCA総帥のマルキオンネお墨付きのイベントです。どのモデルが気になりますか?

もくじ

イースター・ジープ・サファリ
ジープ・サンドストーム
ジープ4スピード
ジープB-Ute
ジープ・ワゴニア
ジープ・ナチョ
ジープJ-ワゴン
ジープ・ジープスター

イースター・ジープ・サファリ

ジープは新型JLラングラーの販売を後押しするため、この本格オフローダーをベースとした5つのデザインコンセプトを発表した。これらのコンセプトモデルはモアブでイースターに合わせて開かれるイースタン・サファリで公開の予定だ。

オーバーンヒルズにある「デザイン・ドーム」でジープのデザイン責任者、マーク・アレンにより創り出されたデザインをまとう4台のラングラー・コンセプト。4✕4の新たな方向性を示す存在であり、レネゲード、ワゴニアとその他のラングラーのコンセプトには、ジープとFCAの純正パーツブランドであるMOPARによるチューニングが施されている。

「われわれにとって、ラングラーとはジープの中核をなすものです。すべてがラングラーから始まっているのです」とアレンはいう。

何千人ものジープオーナーが、有名なトレイルを求めて毎年集まるモアブで、ジープはそのデザインコンセプトを示すためのイースター・ミートを開催している。

きらびやかなモーターショーではなく、モアブでのコンセプト展示によって、ジープオーナーやオーナー予備軍の好みを探るというこのやり方は、FCA総帥のセルジオ・マルキオンネにも支持されているようだ。