長期テスト BMW 5シリーズ(3) フランスへの旅 ほぼ完璧な快適性

公開 : 2018.08.02 15:10

広いトランクに優れた快適装備

5シリーズは郊外でも素晴らしかった。もちろん、さらに大きなタイヤを履いたMスポーツの5シリーズなら敏捷性はさらに高いのだろうが、わたしが乗っているSEの方が快適性は上だし、高額なラグジュアリーカーとしては身のこなしも軽い。精密で程よく重いステアリングのおかげで、トリッキーなコーナーでも自信を持って攻めることができる。

8時間もクルマに乗せていたせいで、わたしのことをすっかり嫌い始めた妻だったが、非の打ち所のない夫であるわたしは更なるサプライズを準備していた。ベルジェラックの空港に乗りつけ、スカイダイビングに行くよなどと冗談を言っていると(思った程ウケなかった)、妻に内緒で飛行機で駆けつけた、彼女のふたりの親友が現れたのだ!そこからわれわれ4人はクルマに乗り込み、予約していた空港から30分かそこらのブドウ園へと向かった。

ここでも5シリーズの万能さが光った。セダンではあるが、考え抜かれた設計のおかげで、トランクルームには週末旅行に行く4人分の荷物を入れてもまだスペースが残っていた。ちなみにこのスペースは、まとめ買いしたワインを収めるのに役立った。

正直言って、5シリーズでの旅は快適だ。普段はどんなことをしていようと8時間もすれば腰が痛み出すのだが、オプションのランバーサポートが効いたのだろうか、今回は長時間の運転にもかかわらず、腰の痛みを感じることはなかった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事