5万ポンド以下で買える新車ベスト50 3位~1位

公開 : 2018.08.12 08:10

最後に残った3台をご紹介します。3位と2位に入ったのはそれぞれ全く異なる成り立ちのモデルですが、運転を楽しめるという点では共通しているようです。そして、今回ランキングのトップに立ったのは、日本でも大人気の最近復活を遂げたあのモデルでした。

3位:アリエル・ノマド

アリエル・ノマドで最高なのは、その奇妙なルックスでも、折り紙付きのパフォーマンス(スーパーチャージャー付の場合だ)でも、プリミティブともいえるそのアプローチでもなく、普通の自動車メーカーでは絶対に作り出せないモデルだという点だ。

想像してみて欲しい。このクルマは実用性など完全に無視しているばかりか、それなりのラップタイムを記録することもできず、オフロードでもリア駆動ゆえの限界を抱えているのだ。

では、このクルマが光り輝く場所とはどこだろう? その答えは、ノマドが走ることのできるすべての路上だ。例え、このクルマには最も相応しくないと思える場所、つまり公道でさえ、ノマドは絶え間なく喜びの雄叫びを上げ続ける。サーキットでは、完全に解き放たれた状態で、サーキット向きのモデルではないことを心配する余裕もないほどに、スライドに忙しくなるだろう。そう、まさにサーキットでもこのクルマは独特な存在だ。

こんな走りをみせるクルマをメジャーな自動車メーカーが造ったとしても、とても公道走行可能なモデルにはならないだろう。ここ英国でも、合法かつ容易にノマド本来の走りを見せられる場所などそれほど多くはない。それでも、そういった場所は確実に存在しており、ノマドがもつすべてを解き放つためなら、喜んで欧州大陸を横断するひとびとがいるのだ。

すべてが素晴らしいモデルだが、このクルマが求められるような厳しい環境への適応性と、その耐久性に懸念があるとして、不当に低く評価されている。しかし、われわれ自身の経験から、適切にメンテナンスされたノマドは、非常に楽しめるモデルでありながら、素晴らしく頑丈であることもわかっている。だからこそ、限定モデルのスーパーカーを除けば、このクルマは他のどんな新型モデルよりもその価値を保つことが出来ているのだ。

つまり、5万ポンド(727万円)以下で購入できるモデルということだけでなく、長年に渡って楽しんだあとでも、適切なメンテナンスさえしていれば、売却時に購入金額のほとんどを取り戻すことができるということだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事