最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 中編 回顧録

公開 : 2018.09.24 11:40

2台のフィエスタの違い

走ってみても、公道上では明らかにスリリングさが欠如しており、エンジンには活気がなく、シャシーは安定サイドから一歩たりとも足を踏み出そうとはしてくれない。ところがこのクルマは、乗っているうちにだんだん魅力的に思えてくるから不思議だ。

長距離の移動では、リニアでスムーズかつ完璧なまでに応答性に優れたステアリングにほれぼれとしてくる。そして、連続して波打つような路面での乗り心地はベストであり、過酷なほど荒れた舗装もしっかりといなしてくれる。日常の足に使うのであれば、この資質は多いに評価すべきであり、順位を落とすわけにはいかないだろう。

雲の底がだんだん高くなり始めたのを見て、マウンチューン仕様のフィエスタに飛び乗る。このクルマはアバルトと同類で、とにかく積極的に走りたがる血筋のようだ。出力は140psにすぎないが、その脈動は強烈で、ベースであるゼテックSとの20psの出力差以上に大きくて存在感が際立ったサウンドは、いかにもジュニア・ホットハッチらしさにあふれている。

サスペンションにはなにも変更はないが、タイヤとホイールはまったくの別物で、そのためターンインは驚くほど鋭い。ノーマルサスのままだとはまず信じられない俊敏さには、思わずニヤリとしてしまう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×