最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 中編 回顧録

公開 : 2018.09.24 11:40

公道セクションでの結論

路面の荒れをものの見事に消してしまう足捌きは乗ればすぐにわかるし、場合によってはターンインでダブルエフェクトバルブが効力を発揮しているのも感じ取れるだろう。コーナー進入時に強い負荷をかけても、初期のロール速度がしっかり抑えられるのである。また、姿勢バランスやアジリティ、それに速さにおいては、ルーテシアとそれ以外のクルマのあいだには断崖にも似た決定的な隔たりがある。

強いて不足を挙げるとすればステアリングだ。大幅に改善されており、前のモデルよりもはるかにリニアでスムーズかつムラのない手応えではあるものの、フィードバックが依然として希薄なのだ。しかし、少なくとも公道上では、このクルマが勝者なのは歴然としている。

撮影を繰り返しながらミルブルックへ移動する途上で、マウンチューン・フィエスタがルーテシアにいちばん近いところまで迫っていることがわかってきた。

それに続くのがフィエスタ・ゼテックSとアバルトだが、後者はスプリングがエッセエッセ仕様ではなかったら、もっと上位に食い込むチャンスがあっただろう。そしてその次がスイフトで、最下位がトゥインゴというのが公道セクションでの結論だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×