最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 中編 回顧録

公開 : 2018.09.24 11:40

一番魅力的なルーテシア

スムーズなステアリングや柔らかなシャシーなどのノーマルのフィエスタが持つ美点はそのまま受け継がれており、それでいてシャープさと熱烈なフィールが加えられているこのクルマを、わたしはいたく気に入ってしまった。

ルーテシアを最後まで取っておいたのは、路面の水気がはけて霧が晴れるまで待ちたかったからである。ここに来るまでの移動中に、このクルマが今回の6台中でいちばん魅力的なことにはうすうす気づいていたし、だからこそ取った措置だったわけだが、予感は正しかった。

単純にパワーだけの問題ではない。確かに推進力に優れているのは大歓迎だが、エンジン自体は決して6台中最高の味わいを持っているわけではないし、トランスミッションも十分にスムーズで正確ではあるにせよ、スイフトスポーツの精密無比な動作に匹敵するほどではない。インテリアデザインも、悪くないとは思うがフィエスタのほうが一歩先を行っているのは明白であり、ステアリングホイールのリーチ調整ができない問題もある。

では、なにがいいのか。それは走りそのものが持つ魅力である。新型のルーテシア200カップは先代の197カップよりスプリングとダンパーが硬いにもかかわらず、ルノーがいうところの「ダブルエフェクト」バルブの効果によってハーシュネスが抑えられ、ストレートでの路面追従性が大幅に向上している。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

スズキ スイフトの人気画像