イーロン・マスク、開発中の高速輸送用地下トンネル公開 「ザ・ループ」実現に向け

公開 : 2019.01.07 18:10

テスラ創業者のイーロン・マスクが設立したトンネル採掘会社のボーリング・カンパニー社が新たな地下トンネルのプロトタイプを公開しました。241km/hの速さで電気自動車の輸送が可能とのことです。

もくじ

未来の大量輸送への鍵?
路面の凹凸に苦情あり

未来の大量輸送への鍵?

ロサンゼルスに建設された全長1.6kmの試験用トンネルは、今後開発が予定されている高速輸送用トンネルの「ザ・ループ」の実現の可能性を提示するものだとイーロン・マスクは語る。

今回テスト用に用意された車両はすべてテスラの電気自動車で、ホイールの部分にトンネル内を走行するための装置が取り付けられている。

この装置により、トンネル内での安定した高速移動が実現されている。このトンネルを走行するために必要とされている自動運転のレベルは明らかとなっていない。

ボーリング・カンパニー社は数台のテスラ・モデルXをテスト用に改造。マスクは現在のシステムの最高速度は177km/hまで達することが可能としたが、ローンチイベントでのデモでは80km/hまで抑えているという。

また、今までのテストではテスラのみが使用されてきたが、今後はテスラ以外の自動運転可能な電気自動車も走行可能としていくと語った。

トンネルの輸送能力については1本のトンネルにつき毎時4000台もの車両が通行できるとしている。それに加え、歩行者の乗り降りが可能な車両数台が追加でシステムを往復するとのこと。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×