英の自治体、勤務先の自家用車駐車に課税検討 年最大14万円のメリット/デメリットは

公開 : 2019.01.24 21:10

課税は既にノッティンガムで開始しており、朝の時間帯での混雑軽減などの効果が見られたとのこと。これ以外にも様々な都市が検討を始めています。年間500〜1000ポンド(7万1000〜14万3000円)の課税、メリット/デメリットを探ります。

もくじ

様々な自治体が検討
メリットとデメリットとは?

様々な自治体が検討

「勤務先駐車税」は既にノッティンガムで導入され、少なくとも10の地方議会が検討を始めている。

この税は混雑や大気汚染を軽減するとともに、公共交通機関の収益向上を図るためのものだ。

AA(日本のJAFに相当)の代表エドムンド・キングは、10以上の駐車スペースを持つ企業などでは労働者がその税を負担する可能性があると語った。

エディンバラとグラスゴーの両議会では既にこの案を採用することを発表している。オックスフォードやブリストル、ケンブリッジ、リーディング、そしていくつかのロンドンの自治区でも検討段階に入っている。

ロンドン西部のハウンズロー区では企業が所有、または借り上げている駐車スペースに対して年間500〜1000ポンド(7万1000〜14万3000円)を課税することを提案した。