公式発表 新型プジョー208 ガソリン/ディーゼル/EVの3種 画像17枚

公開 : 2019.02.25 14:04  更新 : 2019.02.25 14:04

新型プジョー208が公式に発表されました。パワートレインはガソリン/ディーゼルにくわえ、EBも。英国モデルの各グレードと特徴、インテリアや装備についてまとめました。

もくじ

プジョー新型208 EVも
グレード展開 それぞれの特徴
内装、iコックピット採用

プジョー新型208 EVも

プジョーは、ジュネーブ・モーターショー2019における発表に先立って、208の新型を公開した。

ボディは、全長が4cm長く、全高は低くなる。重量は30kg軽量となった。

デザイン・マネージャーは208について「未来を想起しつつ、若いイメージを与える」という表現をしている。

あたらしいCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)を基本としている点は、最新のDS 3と同じ。

ローンチ時のパワートレインについては以下の情報が明らかになっている。

・1.2ℓガソリン(76ps 5MT)
・1.2ℓガソリン(100ps 6MT)
・1.2ℓガソリン(130ps 8AT)
・1.5ℓディーゼル(6MT)
・EV(138ps)

「いずれも、いっさいの妥協はありません」とプロダクト・マネージャーは語る。

電動パワートレインについては50kWhのバッテリーを採用すると同氏はAUTOCARに語っており、WLTPに適合したかたちにおける航続距離は340kmにのぼると語ってくれた。

バッテリーはリアシート下に設置される。

事項でグレード展開について見ていこう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像

×