[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

508プジョー・スポール・エンジニアリング 電動4WDコンセプト ジュネーブショー

2019.02.22

100字サマリー

プジョーが電動コンセプト「508プジョー・スポール・エンジニアリング」を、3月に発表します。新型プジョー508・サルーンをベースにして、電動4WDを採用。画像15枚!

3月のジュネーブ・モーターショーに登場

プジョーは、電動モデルのコンセプト「508プジョー・スポール・エンジニアリング」を、3月のジュネーブ・モーターショーで公開する。

量産仕様の508セダンをベースに、1.6ℓのピュアテック200ガソリン・ユニットと電動モーター(111ps)がフロント・アクスルを駆動。それとは別に202psを発揮するモーターが後輪を駆動する。

0-100km/h加速:4.3秒
最高速度:250km/h(リミッター制限)
バッテリー容量:11.8kWh
EV航続可能距離:50km

量産仕様の新型508とは、前バンパー、リア・ディフューザーなどが異なる。カーボンファイバー製のドアミラーなどにより空力も強化。酸化皮膜で処理されたライオンのエンブレムは、昨年発表されたeレジェンド・コンセプトから得たアイデアだ。

内装は、グレーのアルカンターラで仕立て、タッチセンサーを搭載したシフトレバー、異型ステアリング、10インチのハイビジョン・タッチスクリーンを備える。

 
最新海外ニュース