アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 北海道の雪を試す 四輪駆動「Q4」の走りは?

公開 : 2019.03.04 17:10  更新 : 2019.03.08 10:47

アルファ初のSUVは、雪上でどんな走りをするのでしょう? 北海道で四輪駆動システム「Q4」の実力を試してきました。「心から楽しい」とレポートされています。

もくじ

どんなクルマ?
ステアリングギア比 12対1
アルファの四駆 Q4とは?

どんな感じ?
雪上試乗:一般道
雪上試乗:クローズド・コース
雪が楽しい、気持ちいい

「買い」か?
ハンドリングにこだわる男なら

スペック
ステルヴィオ・ファーストエディションのスペック

どんなクルマ?

ステアリングギア比 12対1

15年ほど前、硬派なクルマ好きはこの種のクルマをガチな “クロカン” か “なんちゃってクロカン” かに振り分けて、野山に一生踏み入ることのなさそうな方を少しばかり醒めた目で見ていたようなところがあったはずだ。

ところがあれよあれよという間にセダンやステーションワゴンを駆逐して、前の時代のヒーローだったミニバンをも押しやりそうな勢いで、今やSUVは乗用車界のスター選手である。その “あれよあれよ” の流れの中で、SUVはカテゴリーとしても個々のモデルとしても、確かに実力を身につけた。

車内で舞踏会でも開けそうなゴージャスなものから毎日の気軽なスニーカーのようなものまで百花繚乱だし、走らせてみたらぼってりと鈍重というクルマもほぼなくなった。生活臭さも希薄だ。あえて選ばない理由、というのが次々と摘み取られてきた。

でも、クルマを走らせる楽しさや気持ちよさこそが生き甲斐と感じる愛すべき同胞達は、今ひとつ納得できていなかったと思うのだ。一部の高額なモデルを別にして、例えばそれなりにちゃんと曲がってくれるけどそこに “快” はないよな、といった具合に。そうした物足りなさにズバッと切り込みを入れてくれたのが、アルファ・ロメオ初のSUV、ステルヴィオだ。

必要なときだけ前輪にトルクを送るあくまでも後輪駆動ベースのAWD、ほぼ50対50の前後重量配分、12対1という凄まじくクイックなステアリングギアレシオ、車体や足まわりにアルミを多用しプロップシャフトにカーボンを使う軽量構造。まるでスポーツカーでも語るかのような言葉の連なりだが、ステルヴィオはそれに違わぬ抜群のハンドリングとコーナリングパフォーマンスを披露して、僕達を驚かせてくれた。とにかく曲がるのだ。それも気持ちよく。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アルファ・ロメオの人気画像