BYDのEV45台が香港およびロンドン・タクシーに

公開 : 2013.05.23 10:42  更新 : 2017.06.01 01:53

中国の自動車メーカー、BYD(比亜迪汽車)のe6をベースとしたタクシーが香港タクシー&公共ライト・バス協会に収められた。

BYDの会長、ワン・チュアンは「よりよい世界を造り上げるための環境を造り出すだけでなく、われわれのグリーン・ビジョンを推し進め、さらにすべての人に環境にやさしい輸送を提供する第一歩だ。」と語った。

このEVタクシーの導入に伴い、一般の駐車場の近くに、BYDとそのパートナーであるサイム・ダービー・モータース・グループは9箇所の合計47台のチャージャーを用意する。

また、ロンドンにおいても、2番目に大きい小型タクシー会社、グリーントモトカーズは、BYDに50台のEVタクシーを発注した。そしてこれは将来的に300台に拡大される予定だ。

ロンドン市長、ボリス・ジョンソンは、「ロンドン・タクシーが2020年までにゼロ・エミッションとなる計画を立てている。毎年、よりクリーンなタクシーが増えることによって、われわれが働き、生活するロンドンが更に魅力的な街になることだろう。来年からグリーントモトカーズが50台のEVタクシーを導入することは、素晴らしいニュースだ。」と語った。

BYD e6は、高いバッテリー能力を特徴とする5シーターのクロスオーバーで、最高305kmの航続距離を持つ。また、チャージは僅か2時間で、当然エミッションはゼロである。

 

人気記事