フォード、オーストラリアでの生産を2016年に終了

公開 : 2013.05.24 11:22  更新 : 2017.06.01 01:53

フォードは2016年にオーストラリアでのすべての生産を終了すると発表した。これに伴い、2つの工場が閉鎖され、1,200人に雇用を喪失する。その原因は、オーストラリア・ドルの高騰と、高いビジネス・コスト、そして縮小するマーケットだ。

フォード・オーストラリアの社長、ボブ・グラツィアーノは、「われわれの経費は、ヨーロッパの2倍、アジアの4倍になる。」と語った。

ビクトリア州にあるジーロングのエンジン工場と、ブロードメドーズのアッセンブリー工場を閉鎖することになる。しかし、ディーラーと開発施設は引き続き維持される。

フィエスタとファルコンはブロードメドーズで生産されている。1925年以降、フォードはオーストラリアでの生産を行なっているが、昨年は37,000台を生産したが、その損失は£93,000,000(143億円)にも上った。フォードは、過去5年間、オーストラリアで£386,000,000(596億円)を失ったとグラツィアーノは語っている。

強いオーストラリア・ドルは、海外のライバルに対して、価格を競争力のあるものにすることが難しくなってきたという。

但し、フォードは2016年までにオーストラリアのV8スーパーカー・シリーズには参加するという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事