フィアット500Lリビング、デビュー

公開 : 2013.06.19 18:00  更新 : 2017.06.01 02:16

フィアット500Lに7シーター・バージョンが登場した。ヨーロッパでは500Lリビング、英国では500L MPW(マルチ・パーパス・ワゴン)と名付けられる。

フィアットは500Lリビングを5+2シーターだと言い、あくまでサード・シートはパートタイム的なシートであると強調している。

500Lリビングは500Lよりも210mm長く10mm高いボディを持つ。幅は同じだ。また、リア・シートを畳むと238ℓ大きい638ℓのブート・スペースが現れる。

エンジンは、ガソリンが94bhpの1.4ℓと、104bhpの0.9ℓツインエア、ディーゼルが104bhpの1.6ℓと84bhpの1.3ℓというラインナップだ。ギアボックスはマニュアルが標準だが、オートマティックもオプションで用意される。

この500Lリビングは、19のボディ・カラーと、6つのインテリア・カラー、そしてポップスターとラウンジという2つのトリムが組み合わせられ、更にホイールは15のバリエーションがある。

フィアット500Lリビングは、500、500C、500アバルト、500L、500トレッキングに続くフィアット500の6つめのボディ・バリエーションとなる。販売は2014年空になる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事