モンテカルロ・ラスカス

公開 : 2013.06.26 19:30  更新 : 2017.06.01 02:16

モナコの最初の自動車メーカーであるモンテカルロ・オートモビルは、創業30周年を祝うモデルとして、ラスカスと名付けられたスーパーカーをデビューさせた。

有名なモナコ・グランプリのコーナーであるラスカスの名前を付けたこのスーパーカーは、ミドシップにBMWから供給される5.4リッターのV12エンジンを搭載する。このエンジンは、1998年のロールス・ロイス・シルバーセラフに搭載されたものと同じだ。ちなみに、このエンジンはガソリンでも水素LPGでも動くという。

モンテカルロ・オートモビルは、更にラスカスをベースとしたハイブリッド・モデルや4WDモデルも計画しているという。

そのスタイリングはフェラーリ・エンツォにも似ているが、インテリアは豪華ボートに使われるウッドが多用されるという。ルーフは取り外し可能だ。

15台が限定生産される予定で、価格は£425,000(6,400万円)とのことだ。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像