第2世代となったメルセデス・ベンツGL

2012.04.05

ニューヨーク・モーターショーで発表された第2世代のメルセデス・ベンツGLは、Sクラス・レベルの乗り心地を約束するとしている。この新しいGLは、レンジローバー、そして来るべきベントレーのSUVに対抗するべくモデルとして設計されたのだ。

ボディ・サイズは長さ 5120mm、幅2141mm、高さ1850mmで、前モデルよりも若干大きくなっているが、ホイールベースは3075mmと変わりない。新しいGLはNVHの低減を目標に、より強固なボディ、より高い遮音性能、改善されたシャシーと強化したパワー・トレインが与えられている。

ボンネット、フェンダー、アクスル・リンクにはアルミニウムが使用され、クロスメンバー、電子制御ステアリング、パーキング・ブレーキにはマグネシウムが使われた結果、乾燥重量はほぼ100kg軽くなっている。

GL350ブルーテック4マチックは、3リッターのV6ディーゼルまたは4.6リッターのV8ガソリンが、7速のオートマティック・トランスミッションと組み合わせられる。共にパワーアップしているが、燃費は前モデルよいも20%ほど向上しているという。

この新しいGLは、今年の終わり頃に英国では発売される予定だ。

 

人気記事