最新992型 ポルシェ911カレラに試乗 385psのRR 素の911という美点

公開 : 2019.09.20 09:50  更新 : 2019.09.20 10:37

911は上位モデルが良いとは限らない

サスペンションは、10kmも乗れば素のカレラ以上に硬くする必要があるのか、疑問に思えてくる。過去に試乗したカレラSは、英国西部の傷んだ路面などではクルマが浮いたような感覚を伴うことがあった。しかしカレラなら、横方向の制御に関しては、デフォルト状態で素晴らしい柔軟性を示してくれる。もちろんスポーツ・プラスモードにすれば、1段階引き締めることもできる。

今回の試乗コースはドイツの滑らかな路面だったから、911カレラは期待数通りの、優雅な走りを披露した。英国で試乗できる機会を得たら、小径の標準サイズのホイールで、傷んだ路面をどのように処理してくれるのか確かめたいところだ。

ポルシェ911カレラ
ポルシェ911カレラ

最新のポルシェ911の売れ行きも、素のカレラよりもカレラSの方が好調となり、1・2年後に登場するであろう、カレラGTSがさらに人気となるのだろう。718ボクスターやケイマンとは異なり、ポルシェ911のドライバーは上位モデルを選択する傾向が高く、さらに高いモデルを選ぶひとほど、オプションも沢山選ぶ傾向があるようだ。

992型のポルシェ911を運転したいま、そんな流れが正しいものだとは思えない。ワイドボディは車線内で窮屈に感じるが、存在感はカレラS並みに強くなったとも解釈できる。そして滑らかで飛ばせる道路であっても、380psが物足りないと感じる瞬間はないはず。直線スピードではSに並べなくても、それ以外の区間ではタコメーターの針はさらに上を指す可能性もある。

新しい911カレラはしなやかで運転しやすい、真のスポーツカーだ。限界領域の80〜90%くらいのレベルで楽しむのなら、カレラSよりも好適だと思う。もしさらにシリアスさを求めるのなら、サーキットでタイムを削りたいのなら、今ならGT3か993型のGT2が良い。

ポルシェ911カレラのスペック

価格:8万2793ポンド(1076万円)
全長:4519mm
全幅:1852mm
全高:1300mm
最高速度:292km/h
0-100km/h加速:4.2秒
燃費:9.4−10.0km/L(WLTP)
CO2排出量:206g/km(WLTP)
乾燥重量:1505kg
パワートレイン:水平対向6気筒2981ccツインターボ
使用燃料:ガソリン
最高出力:385ps/6500rpm
最大トルク:45.8kg-m/1950-5000rpm
ギアボックス:8速ツインクラッチ・オートマティック(PDK)

ポルシェ911カレラ
ポルシェ911カレラ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事