ホンダ、F1の拠点を英国に設立

2013.07.11

ホンダは、この度、英国バッキンガム州ミルトンキーンズに、欧州におけるF1の活動拠点を構えることとした。既に発表されているとおり、ホンダはエンジン・サプライヤーとしてマクラーレンとジョイントし、2015年からF1へ復帰する。

ホンダは、今後、栃木の本田技術研究所 四輪R&Dセンターで開発されたエンジンを含めたパワーユニットのリビルドやメンテナンス、サーキットサービスを、このミルトンキーンズの拠点で行っていく。なお、この拠点は、MUGEN EURO Co., Ltd.がミルトンキーンズに構える新社屋内に設置され、ホンダのF1をはじめ、WTCCなど欧州におけるモータースポーツの活動拠点としての役割を担うという。稼働開始は2014年6月を予定している。

本田技術研究所の取締役専務執行役員四輪レース担当である新井康久は「今回、英国でのF1の拠点が決定し、参戦に向けての具体的な準備に入りました。今後、ファンの皆様の期待に応えるべく、2015年に向けてパワーユニットの開発を加速し、新たなホンダサウンドを響かせることができるように頑張っていきたいと思います」とコメントしている。

 
最新国内ニュース

人気記事