【TAFT復活】ダイハツ・タフト・コンセプト撮影 「軽」クロスオーバー 東京オートサロン2020

公開 : 2020.01.10 10:28

ダイハツの軽クロスオーバー新型、タフト・コンセプトが、東京オートサロンに登場。会場から実車の写真が届きましたのでご覧ください。

市販化を明言

ダイハツが、市販化を明言している軽クロスオーバーの新型コンセプト・モデルを、東京オートサロン2020で公開した。

その名はダイハツ・タフト・コンセプトである。モデル名は、「Tough&Almighty Fun Tool」の頭文字(TAFT)を組み合わせたもので、今回が世界初公開となる。

ダイハツ・タフト・コンセプト
ダイハツ・タフト・コンセプト

ボディ・サイズは、全長3395×全幅1475×全高1630mm。全高はムーヴと同じで、1655mmのムーヴ・キャンバスよりも低い。

ターボエンジン採用

エンジンは、660ccターボが与えられ、トランスミッションはCVTとなる。

コンセプトモデルの駆動方式は2WDとなっており、タイヤは165/65R15サイズだ。

ダイハツ・タフト・コンセプト
ダイハツ・タフト・コンセプト

SUVテイスト溢れる外観は、日常生活からレジャーまで使えるアクティブなモデルであることを予感させる。

ルーフはガラス張り

しかし、そのインテリアはガラスルーフのおかげで軽ハイトワゴンのお株を奪うほどの開放感が感じられる。

荷室空間も、フラットで使い勝手の良い作りとなっているから、発売時には若い世代を中心に人気を得そうだ。

ダイハツ・タフト・コンセプト
ダイハツ・タフト・コンセプト

なお、東京オートサロン2020は、千葉県・幕張メッセで本日開幕。会期は1月12日までとなっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ダイハツ タフトの人気画像