【すべて色違い】8台のカラフルなフェラーリ・ディーノを展示 ロンドン・コンクール

公開 : 2020.02.04 16:50

6月10・11日に英国の首都で開催されるロンドン・コンクールに、8台の異なるボディ・カラーをまとったディーノが展示されることに決まりました。この時期にロンドンへ行かれる方は見逃してはいけません。

100台を超える名車がロンドンに集結

text:Lizzie Pope(リジー・ポープ)
Images:Tim Scott(ティム・スコット)

6月10・11日に開催されるロンドン・コンクール2020において、様々な色をまとった8台のフェラーリ・ディーノが、特別展示として並ぶことになった。

これらのディーノは、英国で最も古いフェラーリのスペシャリスト、フォスカーが集めたもので、個人オーナーが所有する車両だという。

フェラーリ・ディーノ
フェラーリ・ディーノ

クラシックカーから最新モデルまで、100台を超える垂涎の名車が展示されるロンドン・コンクールだが、この特別展示は見逃せない。

ワイドフェンダーの特別仕様も

ロンドン中心部にある名誉砲兵中隊の芝生に展示される8台のディーノは、ボディ・カラーがすべて異なる。ブルー・ディーノ(青)、ロッソ・キアーロ(赤)、グリジオ・フェッロ(グレー)、ネロ(ブラック)、ヌオーヴァ・ジアッロ(黄)のほか、あと3色のディーノが見られる予定だ。

そのうち1台は英国で5台しか販売されなかった「チェアーズ・アンド・フレアーズ」と呼ばれる特別仕様で、拡幅されたフェンダーとデイトナ仕様のシートを備える。

フェラーリ・ディーノ
フェラーリ・ディーノ

フェラーリのビジネスを変えたディーノ

「ディーノ以前、フェラーリは非常にパワフルなV12エンジン搭載車だけを、ごく少数生産していました。俊敏で美しく、均整の取れた軽量スポーツカーのディーノが人気を博したことによって、フェラーリのビジネスは大きく転換したと言っても過言ではありません」と、ロンドン・コンクールのディレクターを務めるアンドリュー・エバンスは語る。

「ディーノは、今日まで続くフェラーリのミドシップ・モデルの定型を確立しました。それは、355、430のような成功を収めたモデルや、さらに最新のF8トリブートにまで受け継がれています」

ロンドン・コンクール
ロンドン・コンクール

「今年のロンドン・コンクールで、マラネッロを象徴するモデルを1台だけ選ぶことは困難です。しかし、ディーノがスポットライトを浴びる価値があるということは、われわれ選考委員の総意です。それが実現できることに大きな喜びを感じています」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像

×