【新型ディフェンダー開発の舞台裏】5人の重要人物にインタビュー 前編

公開 : 2020.05.09 18:50

初代の精神 万能のモデル

では、彼らはどうやってこれまで何度も失敗してきたプロジェクトを進めることが出来たのだろう?

ロジャースの答えはシンプルだ。

ロジャース(左)がクロプリー編集長に新型ディフェンダーを説明する。
ロジャース(左)がクロプリー編集長に新型ディフェンダーを説明する。

「それは、初めて1948年に誕生した初代ディフェンダーの精神を活かそうとしたからです。これまでの計画は、現行ディフェンダーを単に現代的なモデルにアップデートしようというものに留まっていました」

「今回は初代ディフェンダーを創り出したひとびとの精神を踏襲するだけでなく、その精神を現代流に解釈しようと決めたのです」

「2020年から数十年に渡って必要とされるディフェンダーとはどんなモデルであるべきかということを、 わたしの家にプロジェクトのメンバーを集めて徹底的に議論しました」

そこでは、例えばテールゲートに取り付けられたスペアホイールは新型でも引き続き採用されるべきだなどという、あらゆる事柄が議論されている。

「オフローダーとして十分なデパーチャーアングルを確保するのであれば、リアオーバーハングは短くなければなりません」と、ロジャースは言う。

「つまりリアを大胆にカットする必要があるということですが、その結果、スペアホイールの設置場所は必然的に一カ所に限定されます。これでスペアホイールの位置は決定です」

こうした議論を通じて、新型ディフェンダーには先進のコネクティビティ技術が与えられることになったとロジャースは言う。

「ランドローバーで新型ディフェンダーの開発にかかわったひとびとは、このクルマを万能のモデルにしたかったのです」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事