2013 F-1 第14戦 韓国グランプリ

公開 : 2013.10.06 23:04  更新 : 2017.06.01 02:15

レッドブルのセバスチャン・ベッテルが韓国グランプリを制した。これでベッテルは4連勝。チャンピオンシップ・ポイントでも2位のフェラーリ、フェルナンド・アロンソに77ポイント差をつけ、2013年のチャンピオン獲得にぐっと近づいた。

終盤、マーク・ウェーバーのマシンがエイドリアン・スーティルにヒットされ炎上したことによってペースカーが入り、そのため一時的に差がほとんどなくなったが、結局ポールポジションからスタートしたベッテルは常にトップをキープし、ポール・トゥ・ウィンを成し遂げた。

2番手、3番手にはロータスの2人、キミ・ライコネンとロマン・グロージャンが入賞。終盤、ライコネンとグロージャンは1秒の差もないところまで近づいてが、結局ライコネンが逃げ切って2番手を確保した。

今回素晴らしいレースを見せたのはザウバーのニコ・ヒュンケンベルグだった。予選でも4列目をエステバン・グティエレスと共に獲得したザウバーのエース・ドライバーは、ペースカー直後から、後ろにルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソ、ニコ・ロズベルグ、ジェンソン・バトンというそうそうたるメンバーを引き連れての周回となったが、結局最後までこの4番手のポジションをキープしたのだった。もちろん、彼にとって自己最高のポジションである。

以下、ハミルトン、アロンソ、ロズベルグ、バトンと続き、更に離れて9位にマッサ、10位にペレスという結果だった。

来週はいよいよ日本グランプリだ。

第14戦 韓国グランプリ結果

1 セバスチャン・ベッテル インフィティ・レッドブル
2 キミ・ライコネン ロータス・ルノー
3 ロマン・グロージャン ロータス・ルノー
4 ニコ・ヒュルケンベルグ ザウバー・フェラーリ
5 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG
6 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
7 ニコ・ロズベルグ メルセデスAMG
8 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
9 フェリッペ・マッサ フェラーリ
10 セルジオ・ペレス マクラーレン・メルセデス

ワールド・チャンピオンシップ・ポイント

272 セバスチャン・ベッテル インフィティ・レッドブル
195 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
167 キミ・ライコネン ロータス・ルノー
161 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG
130 マーク・ウェーバー インフィティ・レッドブル
122 ニコ・ロスベルグ メルセデスAMG

関連テーマ

人気テーマ