【詳細データテスト】スコダ・オクタヴィア・エステート 高まった質感 室内の広さは健在 パッシブサスでも乗り心地上々

公開 : 2020.09.12 11:50  更新 : 2020.09.12 23:20

使い勝手 ★★★★★★★☆☆☆

インフォテインメント

エントリーグレードのSE ファーストエディションは8.0インチのタッチ式ディスプレイが標準装備。上位のSE LとSE L ファーストエディションでは、10.0インチ画面のコロンブス・インフォテインメントシステムとなる。

このシステム、総じてスマートな見た目で、止まっているときの操作は比較的容易だ。ただし、セーフティシステムのいくつかには、期待したほど直観的にたどり着けない。

クルマが止まっていれば、インフォテインメントシステムの操作はしやすい。しかし、左ハンドル向きの設計がそのままなので、右ハンドルでは走行中に扱いにくさを感じる。そして、エアコン操作はやはり画面に組み込まれていないほうがいい。
クルマが止まっていれば、インフォテインメントシステムの操作はしやすい。しかし、左ハンドル向きの設計がそのままなので、右ハンドルでは走行中に扱いにくさを感じる。そして、エアコン操作はやはり画面に組み込まれていないほうがいい。    MAX EDLESTON

走行中に操作するには、ディスプレイ左側に設置されたホーム画面とメニュー画面の呼び出しボタンが遠い。明らかに左ハンドル向けの設計で、右ハンドル用に改修されていないのが残念だ。

エアコン操作もディスプレイへ統合されたのは、わずかながらも悩みの種だ。温度調整が常に画面下端へ表示されていていても、走行中は実体のあるスイッチやダイヤルのほうがずっと使いやすく、安全性も高い。

燈火類

テストしたSE L ファーストエディションには、前後ともLEDライトが標準装備される。オプションでは、マトリックスLEDヘッドライトも用意されている。

ステアリングとペダル

ブレーキペダルはやや右にオフセットし、長距離運転を楽なものにしている。ステアリングホイールも右寄りで、これは運転席に座れば明らかに気づくレベル。シートもステアリングコラムも、調整幅は十分にある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

スコダの人気画像