マツダ、ソラーズとロシア生産合弁会社を設立

2012.04.27

マツダは、ロシア連邦共和国にて自動車事業を行なっているソラーズと生産合弁会社を設立。4月27日に契約を締結した。

この合弁契約のもと、ウラジオストクに生産拠点を設置して、2012年秋より車両生産を開始する。この工場ではマツダCX-5、マツダ6およびソラーズ保有ブランド車両の組立を計画している。

合弁会社の生産能力は5万台からスタートし、将来は7万台を目指すという。

ちなみにマツダはロシア市場で2011年には対前年比で60%増の約4万台の車両販売を行なっている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事