【GRモデルが重要】トヨタ 欧州で大幅な成長目標掲げる 電気自動車とSUV拡大

公開 : 2020.12.14 06:25  更新 : 2021.03.05 18:45

トヨタは欧州で大幅な成長目標を掲げており、電気自動車(EV)とSUVのラインナップを拡大することで販売台数増加を図っています。同時に、GRヤリスなどパフォーマンスモデルのGRシリーズにも重きを置いています。

もくじ

SUVのラインナップを細分化
電動モデルとGRでブランドを構築

SUVのラインナップを細分化

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

トヨタは欧州市場における大幅な成長目標を掲げており、2025年までに現在の水準から約50万台増の年間140万台を販売することを目指している。

トヨタはここ数年、多くのモデルを刷新してきたが、コンパクト・クロスオーバーのヤリス・クロスの発売と、大型のハイランダーの英国市場投入により、SUVのラインナップを拡大する。

トヨタRAV4
トヨタRAV4

さらに、来年にはRAV4サイズのEVも発表される予定だ。

しかし、トヨタの欧州担当副社長であるマシュー・ハリソンはAUTOCARにに対し、今後5年間でラインナップはさらに拡大し、C-HRとRAV4の間に位置する新型車がメインとなると語った。

「特にSUVではカバーしきれていない部分があります。いくつかのセグメントは、かなり細分化されるほど大きくなっています」

「コンパクトなC-SUVを見てみると、C-HRは良い仕事をしていますが、デザインで選ぶ人が多い層で勝負しているので、セグメント全体をカバーしきれていません」

「ヤリス・クロスは、B-SUVセグメントでしっかりと成長しています。トヨタにとっては、特にクロスオーバーとSUVでチャンスがあると考えています」

電動モデルとGRでブランドを構築

トヨタはすべての新型車に電動モデルを設定し、各セグメントの需要に応じて、ハイブリッド、プラグイン・ハイブリッド、EV、水素自動車を導入するとしている。

また、最も人気のあるSUVだけでなく、ガズー・レーシングによるパフォーマンスモデルも開発している。GRスープラとGRヤリスに加えて、来年にはGR86が登場するはずだ。

トヨタGRヤリス
トヨタGRヤリス

ハリソンは、こうしたパフォーマンスモデルはトヨタ車のイメージを高めるために作られおり、将来的にはさらに多くのモデルが登場するだろうと述べた。

「GRヤリスのようなモデルは非常に重要です。わたし達が見逃していた、興奮、欲望、魅力を手に入れるために、大きな役割を担っています」

「重要なのはボリュームや利益への貢献ではありません。ブランドにもたらす興奮が重要なのです。トヨタ車に乗りたいという気持ちが高まるため、収益はコアモデルで得られます」

「ハイブリッド車のおかげで平均排出量の基準をクリアし、少量生産のモデルを導入することができるのです。わたし達は幸運です。この仕組みはできる限り継続していきたいと思っていますし、パフォーマンスモデルがもっと増えることを約束します」

関連テーマ

人気テーマ