【ウィズコロナ時代の走行会】イタリア車限定のサーキット・イベント 「2021フェスタ・イタリアーノ」スタート

公開 : 2021.06.27 11:45  更新 : 2021.10.11 10:55

ピッコロクラスは10台が参加

1100cc以下のイタリア車によるレース形式走行会がピッコロクラス。参加した10台中6台が同じエンジンを積む空冷2気筒のフィアット500系だった。このほかフィアット126とフィアット600D、アウトビアンキA112が挑んだ。

イタリアのローカルレースを彷彿とさせる雰囲気で、予選でトップから5位までが2秒差という接戦だけに、毎周バトルが繰り広げられた。愛らしいイタリアの小さなマシンがレースをするだけにギャラリーも盛り上がっていた。

1100cc以下のイタリア車によるレース形式走行会のピッコロクラスには10台が参加した。
1100cc以下のイタリア車によるレース形式走行会のピッコロクラスには10台が参加した。    クラブマザーヘッド

ピッコロクラスを制したのは903ccのアウトビアンキA112を駆る浅井選手で、2位はジャンニーニ590GTコルサの丹羽選手、3位にフィアットdap650の高橋選手が続いた。

マキシクラスは8台がバトル

排気量無制限のマキシクラスだが、タイトな幸田サーキットだけにタイムはドライバーの腕とマシンのバランスに左右される。予選、決勝と圧倒的な速さを見せたフィアット・リトモ・アバルト130TCを駆る前田選手が完勝を遂げた。

2位にアルファ・ロメオ2000GTVを駆る佐々木選手、3位はアルファ・ロメオ145の永野選手、4位にはアルファ・ロメオ・アルフェッタGTの金田選手が入った。スタートから2位を懸けた3台のバトルがギャラリーを沸かしてくれ、レース終了後の表彰台で入賞を称えたのち、炭酸水ファイトで互いの走りを称え合った。

排気量無制限のレース形式走行会であるマキシクラスは8台が挑んだ。
排気量無制限のレース形式走行会であるマキシクラスは8台が挑んだ。    クラブマザーヘッド

サーキット・イベントだけに走って終わりかというと、この会はそうではない。イタリア車オーナー同士のコミュニケーションも濃厚で、終始和気藹々とした交流が続いた。

「イタリア車でキャンプ」

こうした和み感は、前夜に行われた「イタリア車でキャンプ」の恩恵が大きい。幸田サーキットが今回試験的に行ったもので、コース内にテントを張りキャンプを楽しんでもらおうという企画である。

その雰囲気はヨーロッパの耐久レースを楽しむ観客の1シーンを思わせるものだった。シャワー室が2つだけという課題もあったが、参加者の一体感を増してくれた。今後全国で同じようにサーキット・キャンプが増えるのではないか? と思わせる良い企画だった。

イベントの前夜には幸田サーキットが試験的に行った「イタリア車でキャンプ♪」で、参加者の親睦を深めた。
イベントの前夜には幸田サーキットが試験的に行った「イタリア車でキャンプ♪」で、参加者の親睦を深めた。    クラブマザーヘッド

初めて開かれた「フェスタ・イタリアーノ」は、それぞれのレベルでイタリア車を存分に走らせて楽しむという主旨をクリアし、参加者も走りと歓談を存分に楽しんでいたのが印象的だった。イタリア車オーナーの定番イベントとして発展することを期待したい。

記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

おすすめ記事